ロードバイクを初めて購入する方にベストな価格帯とは?

初めてのロードバイク選びで迷いがちな値段のあれこれ

 

 

ロードバイクの価格は10万を切るモデルや中には100万円を超えるモデルなど
その価格帯の幅は広く、初めて購入する方にとってはどのくらいの値段のものを買うべきか
悩む方が多いのではないかと思います。
初めて買うからには絶対に失敗したくありませんよね。
そこで本日は、初心者に最適なロードバイクの価格帯についてご紹介していきます。

 

 

価格別によるロードバイクの特徴について

 

 

5万円以下

 

一番安い5万円以下の価格帯であるロードバイクは別名「ルック車」とも呼ばれています。
ルック車とは、価格が安い代わりに走行性能にやや劣ってしまう自転車のことを指します。
安く本体が買える分、やはりまともなロードバイクと比べるとパーツや組み立ての質を

極限まで落として作っているので壊れやすいところが特徴です。

どちらかというと、サイクリングより日常の移動手段(短距離)や

通勤などでロードバイクを使いたい方はお勧めです。

 

 

 

10万~20万円台

こちらの価格帯はフレームがアルミタイプのものを使っているものが多いロードバイクになります。
軽量かつ、コスパも良いアルミのフレームはエントリーモデルとしてでも多く使用されています。
ロードバイク入門者向けに各ブランドが最も力を入れているのがこの価格帯。
手軽に購入しやすい価格かつ、耐久性も兼ね備えているところが特徴です!

 

 

 

 

20万~30万円台

 

コストを抑えつつも、レースモデルなどに使用されている技術を導入して

作られているモデルが多い価格帯がこちらの値段のものになります。
サイクリングの際に長距離を走って楽しみたい方などに適しているのではないでしょうか。

 

 

 

 

30万円以上

 

プロのレースでも使用されているモデルに多い価格帯になり、
各上位のブランドモデルが揃っています。
本格的なヒルクライムやロングライド、

そしてレースに出場することも可能なロードバイクが手に入ります!
サイクリングだけでなく、ロードレースに出場するほどの上級者や、

予算が豊富にある方にお勧めの価格帯になります。

 

 

初心者の方はまずは10万円前後のものを!

 

初めて購入する際に最初から本格的なお高いロードバイクを買うのはあまりお勧めできません。
買うだけ満足してあまり乗らないケースがあることを考えれば高価なものを選ぶのは勿体ないです。
10万円前後はエントリーモデルになりますが、それでも立派なロードバイクです。
ママチャリのような通常の自転車では感じられない走りを味わうことができるのは確実です!
慣れてきたら2台目以降は20万円~のものを選んでいくといいでしょう。

簡単にまとめますと

 

・10万前後…初心者
・20万以上…中級者
・30万以上…上級者

といった感じになります。

 

 

初めてのロードバイク選びも慎重に!

 

 

 

予算は人それぞれですが、基本的に10万円を用意しておけば問題ありません。
本体に加えて、ヘルメットやその他の装備品なども用意しないといけないことを考えると
このくらいの価格帯が初心者にとっては一番ベストな価格になるのではないかと思います。

今回ご紹介したものはあくまでも一例ですので参考程度にしていただき、
失敗しない初めてのロードバイク選びになるようしっかりと考えて購入するようにしましょう!

関連情報

生活雑貨・セレクトショップ | ダンディーク

生活雑貨・セレクトショップ | ダンディーク

当店ダンディークは、主に30代から40代男性をメインターゲットに、生活がより楽しく快適になるようなスマートウォッチ、ポータブルコーヒーメーカー、アロマグッズ、ガジェット、便利グッズなど、クラウドファンディングで支持された商品を中心に、世界各国から取り寄せて販売しているセレクトショップです。

屋号 ダンディーク
住所 〒020-0015
岩手県盛岡市本町通1-7-1
営業時間 10:00~15:00
定休日:不定休
代表者名 山本けんたろう(ヤマモトケンタロウ)
E-mail info@dandyque.com

コメントは受け付けていません。