ロードバイク&クロスバイクのヘルメットを選ぶポイントについて解説!

ヘルメットは必須アイテム!重視すべき点とは…?

 

 

 

ロードバイクやクロスバイクなどのスポーツ自転車に乗る際、
専用のヘルメットがあれば安心してサイクリングに挑むことができます。
スポーツ自転車はスピードが出やすく

乗る人によっては20~30km以上で走る方もいるのではないかと思います。
そんな速度で万が一転倒などして頭を打ってしまえば大怪我につながりかねません。
道路交通法においては装着が義務付けられているわけではありませんが、
事故など安全面を考えると装着することは推奨されます。
安全に走行を楽しむためにヘルメットをかぶることはとても大切なことです。
そこで今回は、スポーツ自転車用のヘルメットについて選び方などをご紹介していきます。

 

 

優先すべきは安全面!

 

自転車用のヘルメットにも規格というものが存在します。
日本での規格は JIS-TB8134 になります。
装着義務がないため、中には安全規格がないヘルメットも多数あります。
ですので、ヘルメットを購入する際は安全基準をクリアしているものを選ぶことをお勧めします。
「JCF公認ヘルメット」とあるものを選ぶと良いでしょう。
※JCF=日本自転車競技連盟

 

この証明の付いた商品は、衝撃・材料・構造など厳格な試験に合格した

品質を確保している安全なヘルメットになります。

 

 

 

 

かぶった時のフィット感&ヘルメットの重量も重視しよう!

 

ヘルメットをかぶった際、サイズがあっていないと頭とヘルメット間に余分な隙間が生まれ
万が一事故などで転倒し、頭部に衝撃を受けてしまえば

この隙間が原因で衝撃を分散・吸収することができなくなります。
これでは、ヘルメットをかぶっている意味がありませんね。

そのため、ヘルメットは実際にかぶって自分の頭にちゃんとフィットするか確認することをお勧めします。

 

さらに、ヘルメットの重さにもポイントがあります。
スポーツバイクで走行するにあたって、シティサイクルとちがった動きや姿勢などをするため
重いヘルメットを着けていると頭を支える首や肩に負担がかかってしまいます。
だからといって超軽いものを選べばいいんだ!というわけではなく、
やはりその強度や安全面をきちんと確保したものであることが前提です。
目安として平均250g前後のものを選ぶと良いでしょう。

 

 

 

最後に見た目とデザインを!

 

 

デザイン性のあるものをかぶることで
よりサイクリングを楽しむことができるのでこちらに関しても選ぶ基準として重要なポイントとなりますが、
デザインばかり重視して安全性が劣っているとヘルメットの意味がありません。
こちらにかんしては最終段階で考えるようにしましょう!

ウェアの色に合わせたり、街のりが多い方などは帽子タイプやカスクなどを選ぶと良いですね。

 

 

 

 

ヘルメットにも寿命がある?

 

ヘルメットにも寿命というものが存在します。
素材が硬い発泡スチロールやポリカーボネートが貼られていますが、
スチロールは使っている間に経年劣化を起こすため、寿命としてはだいたい2~3年が目安となります。
それ以上経ってしまうと脆くなって割れてしまう危険性がありますので
2~3年を目安に買い替えをすることをお勧めします。
ヘルメットは消耗品だということを覚えておきましょう。

 

 

ヘルメットかぶって事故なく安全に走りましょう!

 

 

ヘルメットはあなた自身の命を守るためのとっても大切な道具です。
義務付けされていないけれど、装着してるだけで安心感はグッと上がってきます。
お店には様々な種類のヘルメットがありますので、
実際に試着したり、店員さんと相談したりして
自分にきちんと適したものを選ぶように心がけましょう!

 

安全にスポーツバイクを走る為にぜひ参考にしてみてくださいね。

関連情報

生活雑貨・セレクトショップ | ダンディーク

生活雑貨・セレクトショップ | ダンディーク

当店ダンディークは、主に30代から40代男性をメインターゲットに、生活がより楽しく快適になるようなスマートウォッチ、ポータブルコーヒーメーカー、アロマグッズ、ガジェット、便利グッズなど、クラウドファンディングで支持された商品を中心に、世界各国から取り寄せて販売しているセレクトショップです。

屋号 ダンディーク
住所 〒020-0015
岩手県盛岡市本町通1-7-1
営業時間 10:00~15:00
定休日:不定休
代表者名 山本けんたろう(ヤマモトケンタロウ)
E-mail info@dandyque.com

コメントは受け付けていません。