夜間にロードバイクで走行する際に注意すべきこととは?

昼間とはまた違った魅力が味わえるナイトライド!

 

 

サイクリングは昼間のイメージが定着しているかと思いますが
夜間に走行する「ナイトライド」というのも存在します!
明るい昼間とは打って変わって、暗い夜を照らす工場夜景や夜空の星など
いつもとは違った景色が広がり、一味違った気分を味わえ魅力は盛りだくさんです!
寒さが厳しいこの季節のナイトライドは少し抵抗あるかもしれませんが
暑い真夏の季節でのナイトライドは涼しくてとても快適な走りを満喫できます。

 

そんなナイトライドですが、やはり夜道を走るだけあって
走行する際は昼間より厳重な注意をする必要があります。
今回はナイトライドに関して、注意点などをまとめていきたいと思います。

 

夜間走行する際に注意すべき点

 

夜間の走行は明るい時間帯とは違い視界が悪く、常に危険と隣り合わせです。
ご自分の安全はもちろん、周りの歩行者や交通者の安全を考える必要があります。

 

 

1.夜間は自分の視界を十分に確保

 

 

周りの視界環境が悪いと、障害物や路面状況の把握がとても困難になります。
障害物に気づかず、ぶつかってバランスを崩し転倒してしまうリスクが大きくなります。
視界を確保するために、道を十分に照らすことができるよう
ライトは必ず点灯するようにしましょう。

自転車に装備するのはもちろん、ヘッドライトなどでドライバーや歩行者に
自分の存在を知らせることも重要です。
自身の体にもライトを装備するようにしましょう。

 

 

 

2.車間距離を十分に保ち、スピードにも注意!

 

視界が悪い分、運転する際は普段より慎重に走らなければなりません。
いつもとは違った雰囲気につい気分が高まって
スピードを出しすぎて周りの状況を把握できなくなれば
大きな事故につながります。
自分は気を付けてはいても、想定外の障害物に見舞われてしまうケースも少なくありません。
夜道は特にスピードを控えめにし、落ち着いて走行するようにしましょう。

 

 

 

3.山間部などでは動物にも注意!

 

注意するのは人間だけではありません。
田舎道や山間部では夜になると野生動物の活動が盛んになり
昼間に遭遇してしまう場合とは違ってさらに危険度が増してしまいます。
イノシシや熊、鹿など突然飛び出してぶつかってしまうと元も子もありません。
そんな危ない道は通らないことが一番ですが
どうしても通らないといけない場合のことを考え、
ベルなどのアイテムを用意しておくと安心でしょう。
最近では自転車用に、おしゃれな鈴なども販売されています。

 

 

 

4.昼と夜の寒暖差に注意!

意外と見落としがちなのが、寒暖差に関する点です。
過ごしやすい季節であっても、やはり日が沈むと気温の下がり方は大きいものです。
特に昼間~夜間を続けて走行する方は気温の急激な変化に
十分配慮する必要があります。
急な温度変化に身体がびっくりして、体調悪くならないよう
体温を一定に保てる服装にするよう意識することが大切です。

 

 

 

ナイトライドは安全を第一にして楽しもう!

昼夜問わず、サイクリングを楽しむためには
安全を第一優先に考える必要があります。
いくら楽しみたいからといって、無謀な装備や走りで命を落としてしまうことは
絶対に合ってはならないことです。

神経質になりすぎては楽しむことなんてできない…と思ってしまいますが
そんな時こそ、活用できるアイテムは積極的に使い、
注意点をしっかり把握したうえで安心安全にナイトライドを満喫しましょう!

関連情報

生活雑貨・セレクトショップ | ダンディーク

生活雑貨・セレクトショップ | ダンディーク

当店ダンディークは、主に30代から40代男性をメインターゲットに、生活がより楽しく快適になるようなスマートウォッチ、ポータブルコーヒーメーカー、アロマグッズ、ガジェット、便利グッズなど、クラウドファンディングで支持された商品を中心に、世界各国から取り寄せて販売しているセレクトショップです。

屋号 ダンディーク
住所 〒020-0015
岩手県盛岡市本町通1-7-1
営業時間 10:00~15:00
定休日:不定休
代表者名 山本けんたろう(ヤマモトケンタロウ)
E-mail info@dandyque.com

コメントは受け付けていません。