ママチャリの空気圧ってどのぐらいがいいの?

適正な空気圧とは?

自転車に乗る時に空気が抜けていたり、パンクしていたりすると出かけるときに困りますよね。自転車のメンテナンスの基本はタイヤに適正な空気を入れておくことです。靴で言ったら靴紐を結んでおくことと同じようなものだと思います。そうすることで走りやすくなりますし、あまり力をかけずにスピードアップもしますし、ブレーキもかけやすくなるのでトラブルのリスクが減ります。

 

でも、適正な空気ってどのぐらいなのかはちょっと素人にはわかりづらいですよね。今日はママチャリの空気圧の目安についてお伝えいたします。

 

タイヤの空気圧の正しい見方は?

そもそも、何十万円もするスポーツバイクや高級自転車でなければ、普段はあまり適正な空気圧を意識しないのではないでしょうか?でもよくタイヤを見てみると、タイヤの側面を見ると空気圧が書いてあります。

 

僕の自転車のタイヤの側面を見てみたところ、24mm、6.0-12bar、90-175psiと書いてありました。これはタイヤの幅が24mm、bar空気圧適正範囲が6.0-12bar、psi空気圧適正範囲が90-175psiという意味になります。

 

我が家のママチャリのタイヤの側面を見てみたところ、300kPaと書いてありました。単位のkPaはbar×100=psi×7ですので300kPaというのはだいたい3bar、50psiになります。

 

どのタイヤにも必ず記載はあるものの、メーカーによって適正空気圧はの表示はバラバラというのが現状ですのでわかりづらいかなと思います。

 

最適な空気圧はタイヤによって変わる

これが適正ですよ、というのは実はなくてタイヤや乗り方によって変わってきます。車種やバイクのジャンルではどれが適正かわからないです。実際に、ママチャリでもメーカーが変わったりすると適性が変わるというのが現状です。

 

例えば、一般的なU字型のママチャリの適正な空気圧は6-12barになります。

また、スポーティーなドロップハンド型のロードバイクの適正な空気圧は6-9barが適正な空気圧と言われています。

 

一方で同じようなスポーティーなドロップハンドルの自転車でも競技用になると3bar以下になります。ロード用のようにパンパンに空気を入れるとスピードは出ますがグリップが弱くなってカーブを曲がり切れないということになりますし、ダートコースを走ることができません。

 

ダートやオフロードで遊ぶときはチューブレスタイヤの空気圧を可能な限り低圧にしておくと簡易的なサスペンションのように遊べます。

 

高圧にしておけば大丈夫?

たしかに空気圧を高くしておくと早く走れるのでとても気持ちがいいですが、やりすぎは禁物です。なぜなら、パンパンの風船が割れやすいのと同じように、適正以上の空気圧はリムやタイヤやチューブに過度のストレスを与えてしまうからです。特に軽量のチューブは本当に簡単に破裂してしまいます。加えて、適正空気圧以上に空気を入れてしまうとスピードはあがりますが全体的なパフォーマンスやインプレッションを落としてしまうという落とし穴があります。

 

ママチャリのタイヤの問題点

ママチャリのタイヤにも側面に適正空気圧の表記がありますので確認頂きたいのですが、問題は空気を入れるときの弁、バルブが英式バルブであるということです。スポーツバイクや高級自転車には使われておらず、ほとんどが仏式バルブになります。

 

空気圧メーターがついている空気入れはほとんどが米式か仏式になっています。英式の空気入れにはたいてい空気圧を測るメーターやゲージがついていないです。空気入れとしては英式も足踏みタイプがあるのですが、空気圧を測定することができないので、自転車屋さんに持って行っても店のおじさんが長年のカンで感覚的に空気を入れると思います。

 

ママチャリの空気圧の適正とは

先に述べたように、英式の空気入れのほとんどにメーターがついていないのでほとんどが感覚的なものになると思いますので、指で押してみて硬さ加減を確かめます。

 

かなり感覚的な表現になってしまいますが2.5barぐらいの空気圧は膝とかくるぶしの硬さ加減に似ています。押してみて硬さと若干のしなやかさを感じられるぐらいが適正かなと思います。

 

一般的には二の腕とか太ももぐらいの空気圧のママチャリも多いと思いますので、もう少し硬くてもいいかなと個人的には思います。

 

体格によって空気圧も変わる

実際には自転車の重さと乗る方の体重によっても空気圧は変わってきます。また、荷物をどのぐらい載せるかによっても変わってきます。

ロードバイクで使われている細いタイヤの場合はだいたい10キロで1barという目安がありますので、70キロの方なら7bar、80キロの方なら8barと考えていいと思います。

女性の場合は40-50キロ、服や荷物をを入れると50-60キロというのが一般的かと思いますので6barが目安になると思います。

 

ママチャリの空気圧もOK! 英式対応空気入れ

MOJIETU空気入れは3種類のバルブがありますので、ママチャリの英式にもロードバイクのフランス式や米式にも対応しています。

しかも、電動式ですので空気を入れるバルブを交換してタイヤにつないでボタンを押すだけで適正な空気圧まで空気をいれることができます。

関連情報

生活雑貨・セレクトショップ | ダンディーク

生活雑貨・セレクトショップ | ダンディーク

当店ダンディークは、主に30代から40代男性をメインターゲットに、生活がより楽しく快適になるようなスマートウォッチ、ポータブルコーヒーメーカー、アロマグッズ、ガジェット、便利グッズなど、クラウドファンディングで支持された商品を中心に、世界各国から取り寄せて販売しているセレクトショップです。

屋号 ダンディーク
住所 〒020-0015
岩手県盛岡市本町通1-7-1
営業時間 10:00~15:00
定休日:不定休
代表者名 山本けんたろう(ヤマモトケンタロウ)
E-mail info@dandyque.com

コメントは受け付けていません。