雪道でも自転車を安全に走る方法とは?雪道対策について解説!

雪道は危険!!やむを得ない時はどうしたらいいのか…?

 

 

雪が比較的多いところに住んでいる方や、普段の生活で自転車が欠かせない方
色んな事情で雪道を走らないといけない事もあるのではないでしょうか?
ですが、雪道は危険がたくさん。

滑って自転車もろとも転倒してしまえば大怪我にもつながります。
そんな不安定な雪道を安全に走行するにはどうしたら良いのか?
今回は雪道を安全に走る方法と注意点をご紹介いたします。

 

自転車のタイヤも冬用仕様に!

自動車の冬用タイヤ(スタッドレス)があるように
自転車にもちゃんとした冬用タイヤが存在します。

 

 

スパイクタイヤ

 

 

こちらのタイヤはタイヤに金属製のピンが付いており
このピンが滑り止めとして働いてくれます。
スパイクタイヤは、自動車及び一部のオートバイには路面の削れによる粉塵問題で

装着が禁止されていますが、自転車には装着が可能となっています。
使用頻度と環境にもよりますが、3~5シーズン程使用でき

耐久性にも期待はできます。

 

 

 

スタッドレスタイヤ

(画像:IRCササラ)

 

自動車の冬用タイヤでは聞き馴染みのあるタイヤですが、
自転車用はマイナーな存在です。
有名どころのメーカーはIRCささらのタイヤで、
滑りやすい路面、低温時でも良好なグリップ力を発揮する

専用のコンパウンドを採用しているスタッドレスタイヤで、

特にママチャリ向けのものになっています。

 

 

上記二つのタイヤはタイヤの交換が必須となります。

 

 

面倒なタイヤ交換は避けたい方にはこの自転車を!

 

 

タイヤ交換は手間がかかるからなるべく避けたい…という方は
思い切って自転車本体を冬用のものを購入するのも一つの手段です
そんな時にお勧めなのがファットバイクです。

 

ファットバイクは、一般的なマウンテンバイクよりさらに太さのあるタイヤが装備してあり、
タイヤが雪に埋もれにくいのが特徴です。
もともと、雪道を走ることを想定して誕生した自転車ですが、
オールシーズン使うことが可能となっています。
太いタイヤなだけあって、雪道はもちろん、砂利道や難ありの地形など
様々な障害にも対応できる優れものです。

 

 

 

過信は禁物!雪道は慎重に走行を心がけて!

ご紹介した雪道対策で100%安心!…というわけではありません。
一番大切なのは、無理をしないことです。
冬仕様のタイヤで安全性はかなり上がりますが、それに加えてご自身の安全な走り方も重要となります。
雪道を走る際は何事も過信をせず、慎重に走行するよう心がけていきましょう!

関連情報

生活雑貨・セレクトショップ | ダンディーク

生活雑貨・セレクトショップ | ダンディーク

当店ダンディークは、主に30代から40代男性をメインターゲットに、生活がより楽しく快適になるようなスマートウォッチ、ポータブルコーヒーメーカー、アロマグッズ、ガジェット、便利グッズなど、クラウドファンディングで支持された商品を中心に、世界各国から取り寄せて販売しているセレクトショップです。

屋号 ダンディーク
住所 〒020-0015
岩手県盛岡市本町通1-7-1
営業時間 10:00~15:00
定休日:不定休
代表者名 山本けんたろう(ヤマモトケンタロウ)
E-mail info@dandyque.com

コメントは受け付けていません。