サイクリングウェアを長く愛用したい方の為の正しい洗濯方法

できるだけ長持ちさせたい!そんな方必見!

 

通常の服とは違ってサイクリングウェアは高機能素材。
高品質なだけあってお値段はお高め。そう何枚も買い換えることは難しいですよね。
普通の服と同じように洗濯すると早くに傷んでしまいます。
ではどうやって洗濯するのが正しいのか?
今回はサイクリングウェアを長持ちさせるためのケア方法についてご紹介いたします!

 

鍵となる点はこの2つ!

 

高品質だから高度な作業が求められるのかと心配する必要はありません!
ポイントとなる2つを押さえておけば基本的に問題ありません。
その二つは「適切な洗濯」「なるべくすぐに洗う」です。
特に、すぐ洗うことに関しては徹底して押さえておきたいところですね。
濡れたり汚れたままの状態で洗濯カゴに放置するのはよくありませんので
サイクリングから帰宅したらすぐに脱いで洗濯にとりかかりましょう!

 

サイクリングウェアの洗濯手順

 

基本的にサイクリングウェアはほかの洗濯物と一緒に洗うのではなく
なるべく単独で洗うのが好ましいです。

 

 

1.脱いだら直ちに洗濯機へ

汗などでついた皮脂汚れや泥汚れ、チェーンの汚れなど時間が経つと
繊維に定着し汚れが落ちにくくなるので脱いだらなるべく早く洗濯を行いましょう。
どうしてもすぐに洗濯できない状況の場合は、

一先ず風通しのいい環境に干して、乾燥させておきます。

 

 

2.ジッパーを閉めてウェアを裏返す

ジッパーを閉めることで型崩れしてしまうのを防ぎます。

 

 

3.洗濯用ネットに入れる

ネットには必ず入れるようにしましょう。
洗濯ネットに入れることで摩擦を軽減し、色落ちも防ぐことができます。

 

 

4.洗濯表示に従い洗剤を入れる

洗濯表示の確認は必ず行います。
使用する洗剤はほとんどのものが中性洗剤で問題ありません。
しかし、漂白剤柔軟剤は、ウェアの大事な性能を低下させてしまう危険性があるので
絶対に使用しないようにしましょう!

 

 

5.コースを選んで洗濯

通常は、普通モードで洗っても特に問題はありません。
お時間に余裕があるのなら、手洗いモードを選択するとなお良いでしょう。

 

 

6.洗濯後は裏返しのまま陰干しにする

洗濯後はすぐに干すようにします。
型崩れしないよう丁寧にハンガーにかけましょう。
日当たりのいい場所に干したいかもしれませんが、
紫外線による色落ちを防ぐため、陰干しで干しましょう。
ほとんどのサイクリングウェアは速乾性があるので陰干しでも乾きやすいです。

ちなみに、乾燥機を使用するのはNGです!

 

 

 

消耗品だけど正しくケアして長く愛用しましょう!

 

通常の服と同じように、いくら高品質であれサイクリングウェアも消耗品です。
いつかは買い替える時期が来るのは避けられません。
その頻度をなるべく少なくするために、正しいケアをすることが何より大事ですね。
お財布にも優しく、服にも優しく!ご紹介した洗濯方法をぜひ覚えて実践してみてください!

関連情報

生活雑貨・セレクトショップ | ダンディーク

生活雑貨・セレクトショップ | ダンディーク

当店ダンディークは、主に30代から40代男性をメインターゲットに、生活がより楽しく快適になるようなスマートウォッチ、ポータブルコーヒーメーカー、アロマグッズ、ガジェット、便利グッズなど、クラウドファンディングで支持された商品を中心に、世界各国から取り寄せて販売しているセレクトショップです。

屋号 ダンディーク
住所 〒020-0015
岩手県盛岡市本町通1-7-1
営業時間 10:00~15:00
定休日:不定休
代表者名 山本けんたろう(ヤマモトケンタロウ)
E-mail info@dandyque.com

コメントは受け付けていません。