お子様とサイクリング!キッズ用ロードバイクの選び方

お子様にはキッズ用のロードバイクを!

 

ご自分のお子様がロードバイクに興味を持ち始めたら
一緒にサイクリングに出かけたいなと思いませんか?
ロードバイクと聞けば大人が載る乗り物と考えがちですが
キッズ用のロードバイクも存在します!
プレゼントする際に、まずはキッズ用ロードバイクの特徴について知り、
お子様に合うよう慎重に選ぶことが大切です。
では、何を基準にして選べばいいのか、簡単に解説いたします。

 

 

 

キッズ用ロードバイクの特徴

キッズ用ですので、もちろん子供向けに設計されており
だいたい120cm~150cmを目安に作られています。
150cm以上のお子様でしたら、大人用のロードバイクでも一番小さいモデルでしたら
適合するかもしれませんが、細かなところまで子供向けに設計されているキッズ用の方が
安心して乗ることができるかと思います。

ホイールサイズも20インチや24インチと小さめのものを採用しています。
大人モデルの性能を引き継ぎつつ、子供でも乗りやすいよう工夫された設計になっています。
また、ギア比が力の弱い子供でも漕ぎやすい専用のコンパクトクランクが採用されているところも特徴です。

 

 

 

ロードバイクを選ぶ基準とは?

 

ちゃんとしたものを買うために、スポーツ自転車の専門店に行って
ロードバイクに関して詳しい店員さんに教えてもらいながら選ぶのが良いですが
ご自分でも知識を持っておいて損はありませんので
選ぶ基準を知っておきましょう!

 

 

 

タイヤについて

タイヤのサイズは身長を基準に選びます。
代表的な主なサイズは以下の通りです

 

・20インチ
 身長120cm前後のお子様向け

・24インチ
 身長130cm前後のお子様向け

・650c
 身長150cm前後のお子様向け

 

あくまでおおよその基準ですので、
念のため実際に試乗して確かめるようにしましょう!

 

 

ハンドルについて

小柄な骨格に適するよう長さは短く、幅は狭めで設計されています。
操作もしやすいようにシフトレバー、ブレーキレバーともに
ハンドルバーに近い位置にセットできるよう配慮された設計のものもあります。
こちらに関しても実際に握って確かめるようにします。

 

 

 

フレームについて

小さな力でも操作しやすいよう、主に軽量な素材が使われています。
タイヤサイズによってフレームが調整されているので
詳細なフレームサイズはあまりありません。
ですので、これまた実際にまたがってみます。
サドルの高さで少しは調整できますが、サドルが一番低い状態で
足が届くかの確認をすることが大切です!

 

 

値段重視は避ける

なるべく安く済ませようと、身体のサイズを無視して選ぶと
怪我につながりかねませんので、多少高くても
お子様の体にきちんと合っているものを選ぶようにしましょう!

 

 

 

子供とともに安全・安心快適なサイクリングライフを!

同じロードバイクでも大人用と子供用では選び方が異なります。
ご紹介した基準はあくまでも一般的な目安なので
最終的には、店員さんと相談し、試乗をしてからピッタリのもの購入しましょう!

安全に楽しく親子そろって快適なサイクリングにてみましょう!

 

また、子供でも簡単に使用できるMOJIETU空気入れ

こちら【FIRST STEP】のクラウドファンディングサイトでも販売開始しております!

是非一度ごらんになってみてください! 

関連情報

生活雑貨・セレクトショップ | ダンディーク

生活雑貨・セレクトショップ | ダンディーク

当店ダンディークは、主に30代から40代男性をメインターゲットに、生活がより楽しく快適になるようなスマートウォッチ、ポータブルコーヒーメーカー、アロマグッズ、ガジェット、便利グッズなど、クラウドファンディングで支持された商品を中心に、世界各国から取り寄せて販売しているセレクトショップです。

屋号 ダンディーク
住所 〒020-0015
岩手県盛岡市本町通1-7-1
営業時間 10:00~15:00
定休日:不定休
代表者名 山本けんたろう(ヤマモトケンタロウ)
E-mail info@dandyque.com

コメントは受け付けていません。