洗濯表示にある「タンブル乾燥」とは?その意味について解説!

衣類の洗濯表示はきちんと確認していますか?

 

 

綿やウール、レーヨンなど素材によって洗濯方法は異なるので
洗濯表示を確認することはとても大切なことです。
しかし、時にはマークの意味が分からなくて困惑することもあるかと思います。
分からないから無視して適当に洗濯すると、服を傷めてしまう原因となります。
その中でも今回は「タンブル乾燥」について
どんなマークでどういった意味があるのかを解説していきます!

 

タンブル乾燥はどんな乾燥方法?

 

タンブル乾燥(もしくはタンブラー乾燥)の「タンブラー」は

くるくる回転する機械の部品のことを言い
洗濯機の場合は、「洗濯槽」を意味します。
つまり、タンブラー乾燥というのは「洗濯槽で温風を転がしながら乾かす」乾燥法になります。
一般的に、家庭用ドラム式洗濯機などが当てはまります。
ムラなく全体に効率よく温風がかかるので、短時間で乾かすことができます。
その反面、高温で乾かすため服にかかる負担は強く、繰り返しかけ続けることで
服の寿命が縮まるリスクがあります。

 

 

 

タンブル乾燥のマークとその意味について

 

マーク マークの意味

タンブル乾燥禁止

 

洗濯後、低温でのタンブル乾燥OK

排気温度の上限60℃

 

洗濯後、タンブル乾燥OK

排気温度の上限80℃

 

 

表にある感じで、四角の中に丸が描かれているものがタンブル乾燥のマークになります。
当然、×マークがついてるものは、乾燥機にかけることはできません。

また、服のタグによってはマークではなく文言で

タンブラー乾燥は避けてください」「DO NOT TUMBLE DRY」
記載されている場合もありますので洗濯表示はよく確認しておきましょう。

 

禁止表示のものを乾燥させたらどうなるのか

禁止マークがあるのにもかかわらず、乾燥機にかけてしまったら
繊維にダメージがかかってしまいます。
その影響は衣類によってさまざまで、風合いが大きく変わってしまったり
型崩れや破れ、色が溶けてしまったり、欠けたり…と様々なトラブルの原因となります。
せっかくの服が二度と着用できなくならないように
禁止マークがある場合は十分に注意しましょう。

 

 

洗濯表示に従ってトラブルを避けましょう!

 

 

 

タンブル乾燥は短時間で乾かすことができ、非常に便利な機能ですが
使い方を間違えると、服にとっては悲しい結果となってしまいます…。
タンブル乾燥について正しく理解し、うまく使いこなせるようにして
大切な服を守っていきましょう!

また、現在Makuakeにて販売中の「ウールドライヤーボール」も
乾燥の時短に効果的なアイテムです!
詳細はこちらのサイトを是非ご覧になってみてください!

関連情報

生活雑貨・セレクトショップ | ダンディーク

生活雑貨・セレクトショップ | ダンディーク

当店ダンディークは、主に30代から40代男性をメインターゲットに、生活がより楽しく快適になるようなスマートウォッチ、ポータブルコーヒーメーカー、アロマグッズ、ガジェット、便利グッズなど、クラウドファンディングで支持された商品を中心に、世界各国から取り寄せて販売しているセレクトショップです。

屋号 ダンディーク
住所 〒020-0015
岩手県盛岡市本町通1-7-1
営業時間 10:00~15:00
定休日:不定休
代表者名 山本けんたろう(ヤマモトケンタロウ)
E-mail info@dandyque.com

コメントは受け付けていません。