ニットやセーターを洗濯機で洗う際の縮み対策!

正しい洗い方で縮みや傷みを防ごう!

 

冬物衣料、とくにニットやセーターなどを洗濯する際
早々に縮んで着れなくなってしまった経験ありませんか?
お気に入りのものがダメになったらショックは大きいことでしょう。
そんなトラブルに合う前に、正しい洗濯方法を知って縮み対策をしましょう!

 

 

そもそもセーターが縮む原因とは?

 

セーターは主に3種類の素材が使われており
植物性天然繊維」「動物性天然繊維」「化学繊維」と分類されています。
ニットやセーターに使われる素材は
植物性は綿、動物性はウール、化学繊維はポリエステルが主です。
それぞれ縮む原因をまとめると以下の通りになります。

 

・植物性天然繊維…水を吸収すると綿は膨張し、内側に戻ろうと力が働く。
         この力が縮む原因となる

 

・動物性天然繊維…ウールはうろこ状になっている「スケール」といった構造の繊維で、

         このスケールが水にぬれると開く性質があります。

         乾いているときは閉じているが、

         開いた状態で力が加わると繊維同士が絡み合い、縮みの原因となる

 

・化学繊維…ポリエステルは熱に弱い性質があります。熱に弱いだけあって、

      乾燥機やアイロンですぐに縮んでしまいます。

 

 

縮み防止!その対策方法は?

これからご紹介するポイントを覚えて正しく洗濯しましょう!

 

 

1.洗濯絵表示の確認
まずは基本的なことですが、洗い方の確認をします

 

 

2.洗濯する際の水温

綿…40度以下
ウール…30度以下

 

 

3.使用する洗剤
デリケートな衣類に適切なおしゃれ着洗剤を使用します

 

 

4.洗濯コースは手洗いで
衣類を傷めないよう、優しく洗えるコースで洗濯するようにします。

 

 

5.洗濯ネットに入れる
生地の負担を軽くするために、ネットに入れることをお勧めします。
毛玉対策にもなります。

 

 

6.脱水は短く
30~60秒の短めの時間で脱水。

 

 

7.干す際は平干しで日陰に!

ハンガーで干してしまうと、濡れている衣類の重みで生地が伸びたり
ハンガーの跡がついてしまうので、平干しで乾かすのをお勧めします。

 

 

お気に入りのセーターを縮みから守ろう!

ニットやセーターなどデリケートな衣類は
傷みやすいので洗濯を行う際は特に注意する必要があります。
優しく洗う この行為が傷みから守る一番の対策です!
ご自宅で洗濯する際は、ご紹介したやり方を覚えて丁寧に洗濯してあげましょう!

関連情報

生活雑貨・セレクトショップ | ダンディーク

生活雑貨・セレクトショップ | ダンディーク

当店ダンディークは、主に30代から40代男性をメインターゲットに、生活がより楽しく快適になるようなスマートウォッチ、ポータブルコーヒーメーカー、アロマグッズ、ガジェット、便利グッズなど、クラウドファンディングで支持された商品を中心に、世界各国から取り寄せて販売しているセレクトショップです。

屋号 ダンディーク
住所 〒020-0015
岩手県盛岡市本町通1-7-1
営業時間 10:00~15:00
定休日:不定休
代表者名 山本けんたろう(ヤマモトケンタロウ)
E-mail info@dandyque.com

コメントは受け付けていません。