春の季節こそ飲みたいコーヒー!サクラブルボンについて

自宅でも春の季節を存分に楽しみたい方必見!

 

コロナ渦でお花見も自粛が要される中ではありますが
春の季節を少しでも楽しみたいと思う方は多いと思います。
自宅でも春の気分を堪能したい方、それをコーヒーで実現してみませんか?
そんな時にお勧めなのが「サクラブルボン」です!
今回はサクラブルボンについて、どんなコーヒーなのかご紹介していきます。

 

 

サクラブルボンの基本情報

 

 

サクラブルボンと聞けば「さくら味」なのか?
サクラのフレーバーでもはいっているのか?と思われるこでしょう。
しかし、桜との直接的関係はありません。

 

生産国はブラジル・ミナスジェライス州ボンスセッソ地区で
サンタルジア農園で栽培されています。
品種は「ブルボンアマレーロ」

 

 

 

サクラブルボンの特徴や味について

 

桜との直接的関係はないけれど、
さくらのような華やかでフレッシュな香りをたのしむことができるのが
このサクラブルボンならではの特徴になります。

豆そのものは穏やかな香りが漂い、
コーヒーとして淹れれば、完熟した甘い香りに爽やかさと華やかさがマッチした

ベストな香りを楽しむことができます。

 

苦味が弱いので、コーヒー特有の苦さが苦手な方にはお勧めです。
なんといっても甘みと華やかさのバランスが良いのでとても飲みやすいコーヒーになります。

 

 

 

 

サクラブルボンのおススメの淹れ方について

 

 

ペーパードリップの場合

華やかさを楽しむためには一般的に低めの温度で抽出するのが基本ですが
サクラブルボンの場合は、温度が低すぎると味がぼやけてしまう場合があります。
そのため、抽出温度は80℃前後でメリハリと柔らかさのバランスが保たれるので
こちらの温度で淹れるのをおすすめします。
また、豆の挽き具合は中挽き~中細挽きが最適です。

 

 

 

フレンチプレスの場合

ペーパードリップと比べてフレンチプレスで淹れると
甘みが強く、苦みや酸味は弱くなりまろやかで淡い風味を味わうことができます。
さくら味ではないサクラブルボンですが、
フレンチプレスだと、「サクラ風味」が最も近く感じられます。
豆の挽き具合は粗挽きで、抽出時間は4分くらいがお勧めになります。

 

 

サクラブルボンで自宅でも春を感じましょう!

 

外に出ることを躊躇いがちな今だからこそ、
コーヒーを利用して少しでも春の気分を味わってみませんか?
明るさ満点、穏やかで優しい風味のあるサクラブルボンこそ
この時期にぜひとも飲んでいただきたいコーヒー豆です。
自宅で桜を育てている方などはぜひその桜とともに
コーヒーを楽しむのもいいかもしれませんね。

いつもとは違った雰囲気の楽しみ方をサクラブルボンで実現してみましょう!

関連情報

生活雑貨・セレクトショップ | ダンディーク

生活雑貨・セレクトショップ | ダンディーク

当店ダンディークは、主に30代から40代男性をメインターゲットに、生活がより楽しく快適になるようなスマートウォッチ、ポータブルコーヒーメーカー、アロマグッズ、ガジェット、便利グッズなど、クラウドファンディングで支持された商品を中心に、世界各国から取り寄せて販売しているセレクトショップです。

屋号 ダンディーク
住所 〒020-0015
岩手県盛岡市本町通1-7-1
営業時間 10:00~15:00
定休日:不定休
代表者名 山本けんたろう(ヤマモトケンタロウ)
E-mail info@dandyque.com

コメントは受け付けていません。