コーヒーが料理の味方に!?ちょっとした隠し味に利用しよう!

ただ飲むだけでは勿体ない!料理とコーヒーの意外な関係性

 

 

 

コーヒーは飲むだけでなく、お菓子作りなどでも利用する方が多いのではないでしょうか?
実はお菓子作り以外にも、コーヒーは普段の料理のちょっとした隠し味としても活躍してくれるんです!
料理にコーヒーと聞くとあまり想像しにくいかと思います。
今回は、お菓子作り以外でコーヒーを使った料理をいくつかご紹介していきたいと思います!

 

 

『料理×コーヒー』おすすめの活用術4選!

 

カレーorビーフシチュー+コーヒー

 

 

市販のルーで簡単に作れる主婦の味方であるカレーやシチュー。
パッケージどおりに作ったのにもかかわらず、

ちょっと味が濃いな・・・と感じたりたことはありませんか?
そんな時にはお水を足して調整する方が殆どかと思います。
しかし、その水をコーヒーに変えるだけで、ちょうどいい味に薄めつつ
さらにうま味とコクが増す効果が加わります!
インスタントのコーヒーをお湯で溶かして加えるだけの簡単な作業です。

 

 

 

お肉+コーヒー

 

 

コーヒーはお肉にも良い効果を与えてくれます。
例えば、スペアリブを漬け込むとき、インスタントコーヒーを適量ふりかけて漬け込むと
焼く際に、きれいな焼き色に仕上げることができます。
さらに香ばしさも増し、より一層グレードアップした料理に大変身します。
また、ニオイにくせのあるお肉に対しも、コーヒーを使用することで
お肉特有の臭みを抑えてくれる効果も期待されます。

 

 

 

トマト系の料理+コーヒー

 

 

 

ミートソースなどに活躍するトマト料理ですが、ここにもコーヒーを加えることで
より深みのある味わいに仕上げることができます。
調理も簡単で、トマト缶やトマトペーストにコーヒーを適量加えてあとは通常通りに料理するだけです。
完成した料理からほのかに香るコーヒーがまたいい感じになりますよ

 

 

野菜炒め+コーヒー

 

 

お野菜たっぷりの野菜炒め料理にもコーヒーが活躍できます!
例えば、野菜炒めにオイスターソースを使う際に、コーヒーを少し加えると
先ほどのカレー料理と同じように、濃い過ぎになってしまった味をまろやかにしてくれ、
深みのある味わいに仕上げることができます。

 

 

料理にコーヒーを使う際の注意点!

 

注意点としては、過剰に入れすぎないことです。
スパイス程度で軽く入れるだけで十分だという事を覚えておきましょう!

また、煮込み料理にコーヒーを使う際は、あまり長時間煮込みすぎないようにしましょう。
長時間煮込むと、酸味や香りの一部が飛んでしまうことがあります。
漬け込み料理も同様に長時間の漬け込みは避けるようにしましょう。

 

 

 

コーヒーを使って新しい料理の世界を体験してみよう!

 

如何でしたでしょうか?
意外な組み合わせになりますが、一度試してその味わいを体験してみてはいかがでしょうか?
コーヒーを使っていつもの料理をグレードアップしてみましょう!

関連情報

生活雑貨・セレクトショップ | ダンディーク

生活雑貨・セレクトショップ | ダンディーク

当店ダンディークは、主に30代から40代男性をメインターゲットに、生活がより楽しく快適になるようなスマートウォッチ、ポータブルコーヒーメーカー、アロマグッズ、ガジェット、便利グッズなど、クラウドファンディングで支持された商品を中心に、世界各国から取り寄せて販売しているセレクトショップです。

屋号 ダンディーク
住所 〒020-0015
岩手県盛岡市本町通1-7-1
営業時間 10:00~15:00
定休日:不定休
代表者名 山本けんたろう(ヤマモトケンタロウ)
E-mail info@dandyque.com

コメントは受け付けていません。