コーヒーカップの種類とは?使い方などを解説!

種類や特徴を知ってカップにもこだわりを

 

普段何気なく使っているコーヒーカップ。
そんなコーヒーカップにも様々な大きさや形のものがあり

ちゃんとした使い方が存在しています。
今回はコーヒーカップの種類について簡単に解説をしていきます!

 

 

コーヒーカップの種類!~代表的なもの編~

 

 

 

レギュラーカップ

 

 

ご存じの方が大半であるレギュラーカップ。
コーヒーのお店でもこちらのカップがよく使用されています。
通常のドリップコーヒー専用のカップで、しっかりとした厚みが特徴
容量はコーヒー1杯分(120ml)を基準に150ml程度のものがレギュラーカップとなります。

 

 

マグ

 

 

自宅でコーヒーを飲む際に一番よく使っているとされるカップが
こちらのマグカップになります。
おしゃれなデザインのものがたくさんあることから
複数所持しているご家庭が多いのではないでしょうか?
コーヒー用としては、容量はたっぷりめの200~300mlのものが多いです。
これは、牛乳などプラスして入れることを考えて多く入るようになっています。

 

 

 

デミタスカップ

 

「デミ=半分」「タス=カップ」という意味を持っているこちらのカップは
その名の通り、レギュラーコーヒー半分のサイズになっています。
エスプレッソより少し大きめで、容量は大体60~90mlほどです。

 

 

 

 

エスプレッソカップ

 

 

こちらのカップはエスプレッソ専用のカップでなんといっても
その小ささが特徴的です。
容量は60ml前後のものが多く、作りとしてはエスプレッソ特有の層を堪能するため
ガラス製のものが多いとされています。
さらに、カップの底が丸い形状で砂糖が攪拌しやすい形なところも特徴的です。

 

 

 

カプチーノカップ

 

 

カフェラテやカプチーノを飲む際に使われるカップです。
泡が入ることを考慮して少し多めの180ml程度入るようになっています。
幅が広めなので、ラテアートなどをする際に活用されることが多いでしょう

 

 

コーヒーカップの種類~その他のもの編~

 

カフェオレボウル

 

 

その名の通りカフェオレ専用のものです。
サラダボウルにもなりそうなほど大きなカップで取っ手がついていないところも特徴的です。
パンなどを浸して食べることからこの大きさになったという説もあると言われています。
シリアル用に使っても良いのではないでしょうか

 

 

タンブラー

 

 

ここ最近になってよく販売されるようになってきたのではないでしょうか。
取っ手のない細長いカップを総称してタンブラーとされています。
本来タンブラーはビールを入れる容器でしたが
今ではコーヒーを入れる容器としてなじみがあるかと思います。
保温機能もついているので持ち運びにとっても便利なものですね

 

 

 

カップにもこだわりを持ってコーヒーを堪能!

必ずしも専用のカップで飲まないといけないというわけではありませんが
少しこだわりを持って飲むのもまた一つの楽しみ方になるのではないでしょうか?
皆様の好みに応じて、いろんなカップを使い分けてみてください!

関連情報

生活雑貨・セレクトショップ | ダンディーク

生活雑貨・セレクトショップ | ダンディーク

当店ダンディークは、主に30代から40代男性をメインターゲットに、生活がより楽しく快適になるようなスマートウォッチ、ポータブルコーヒーメーカー、アロマグッズ、ガジェット、便利グッズなど、クラウドファンディングで支持された商品を中心に、世界各国から取り寄せて販売しているセレクトショップです。

屋号 ダンディーク
住所 〒020-0015
岩手県盛岡市本町通1-7-1
営業時間 10:00~15:00
定休日:不定休
代表者名 山本けんたろう(ヤマモトケンタロウ)
E-mail info@dandyque.com

コメントは受け付けていません。