コーヒー豆の品質を保つための最適な保存方法!

豆の品質で美味しさにも影響が…?

 

いくら正しい淹れ方でコーヒーを淹れたとしても
豆の時点で劣化していれば美味しいコーヒーは出来上がりません…。
コーヒー豆も生物です。非常にデリケートな食品なので
時間が経てば経つほど鮮度は落ちてしまいます。
お気に入りのコーヒー豆を無駄にしないためにも
今回は最適な保存方法をご紹介いたします!

 

コーヒー豆が劣化してしまう原因とは?

 

コーヒー豆の劣化は「酸敗」と言い、

酸化して味の変化が起こってしまうことを指します。
酸化を進めてしまう要因として挙げられるのが

 

・高温多湿な場所での保存
・直射日光
・酸素に触れている

 

です。

 

温度」「湿度」「空気」「」 この四つが決め手となります!
その中でも湿度に関しては要注意で
湿度が高い場所に保存するとあっという間に劣化が進んでしまいます。

 

鮮度を保つコーヒー豆の保存方法

1.まずは密閉容器に入れる

密閉することで酸素に触れることを防げます。
密閉容器といいましてもいろんな種類がありますが
一番お勧めするのは真空容器です。
プラスチック製やステンレス製でも問題ありませんが
一番いいのは真空容器です。お値段は少々お高くなってしまいますが
より長く保存するにはお勧めです。

 

 

2.長期保存をしたい方は冷蔵・冷凍庫に!

庫内は日差しが当たらない上、温度と湿度を一定に保てる最適な場所です。
また、コーヒー豆はニオイを吸着しやすいものですので、
ほかの食品にニオイが移るのを防ぐため必ず密閉容器に入れましょう。

冷蔵庫よりさらに長い期間保存するには冷凍庫がお勧めです。
しかし、頻繁に出し入れすると中と外の温度差により豆に水滴がつきやすくなります。
そうなると水分による劣化が進んでしまいますので
頻繁に出し入れしがちな方は予め使う分を小分けにしておくといいでしょう。

 

 

使用状況に応じて正しく保存!

 

鮮度が命のコーヒー豆を少しでもいい状態で保存するには
豆を使う頻度やその時の季節を考慮し対応する必要があります。
いずれにせよ、保存する際はとにかく
高温多湿を避け・酸素に触れないことを覚えておきましょう!

 

生活雑貨・セレクトショップ | ダンディーク

生活雑貨・セレクトショップ | ダンディーク

当店ダンディークは、主に30代から40代男性をメインターゲットに、生活がより楽しく快適になるようなスマートウォッチ、ポータブルコーヒーメーカー、アロマグッズ、ガジェット、便利グッズなど、クラウドファンディングで支持された商品を中心に、世界各国から取り寄せて販売しているセレクトショップです。

屋号 ダンディーク
住所 〒020-0015
岩手県盛岡市本町通1-7-1
営業時間 10:00~15:00
定休日:不定休
代表者名 山本けんたろう(ヤマモトケンタロウ)
E-mail info@dandyque.com

コメントは受け付けていません。