コーヒーを飲むのにベストな温度とは?最適な温度について解説!

美味しくコーヒーを味わうために温度に注目!

 

 

コーヒーを淹れる際、お湯の温度を気にしたりしたことありますか?
豆の種類や淹れ方でも味に変化は出てきますが
実は、コーヒーは温度によっても味に変化をもたらすことができます。
今回はそんなコーヒーの温度によって変わる味の変化についてご紹介していきます!

 

 

 

温度によって変化するのはどういった部分なのか?

 

 

お湯の温度によって変わるのは、酸味と苦みのバランスです。
高ければ高いほど苦味が強くなり、渋味も加わってしっかりとした味わいに変化します
逆に低ければ低いほど酸味が増し、軽い味わいに仕上がります。
低温では苦みや渋味が抽出されにくいため、このような味わいに変化するのです。

 

 

 

低温派?高温派?それぞれの特徴について

 

苦味と酸味のバランスが整っている一般的な適温は90℃~96℃の範囲内とされています。
その理由は、90℃を下回ると嫌な酸味と感じる方が多く、

96℃を超えるとコーヒーの雑味が強く出てしまうからです。
ですが、これはあくまで一般例ですので、人それぞれ最適な温度を見つけてみるのもいいかもしれません。
高温と低温のそれぞれの特徴は以下のようになります

 

 

低温で淹れたコーヒー

苦いコーヒーが苦手な方は80℃~85℃前後で淹れることによって

その苦味を抑えることができます。

雑味が殆ど抽出されないため酸味が増したスッキリとした味わいになります。

 

ただ、注意点として低ければ低いほどいいというわけではなく

低すぎてもただ薄いだけのコーヒーにしかならないので
下げる限度としては80℃までが良いでしょう。

 

 

高温で淹れたコーヒー

 

コーヒー独自の苦味がお好きな方は高めの温度で淹れることをお勧めします。
この苦味は高温でないと抽出されません。
ただ、高温で淹れた際の苦味は、渋味とえぐみも併せて感じるようになります。
この雑味も好みの方がいるかもしれませんが、沸騰したお湯でも問題ないかと思いますが、
ベストな温度は96℃までであることを知っておきましょう。

ちなみに、アイスコーヒーの場合は4~6℃前後が最適な飲み頃の温度になります。

 

 

 

最適な温度をに調節するために温度計を活用しよう!

 

 

実際、最適な温度について具体的な数字を出されても、

感覚だけでは液体の温度を把握するのは至難のわざになりますね。
そんな時こそ、温度計を活用すれば正確に測ることができます!
料理全般に使えるクッキング温度計でも十分に活用することができますが、
最近では温度計や温度調節が可能なケトルなど、コーヒー用に便利なアイテムもたくさんあります。
これらのものを活用してみるのも良いでしょう。

 

 

 

お湯の温度にも注目して新たな楽しみ方を!

 

 

淹れ方や豆の種類だけでなく、温度にもこだわりを持ってみると
また一味違ったコーヒーの楽しみ方を実現できます!

 

 

低温→酸味が増す
高温→苦味が強くなる

 

 

この2点を基本として覚えておき、自分好みの最適な温度を見つけ出して
自分流のベストなコーヒーを楽しんでみてはいかがでしょうか?

関連情報

生活雑貨・セレクトショップ | ダンディーク

生活雑貨・セレクトショップ | ダンディーク

当店ダンディークは、主に30代から40代男性をメインターゲットに、生活がより楽しく快適になるようなスマートウォッチ、ポータブルコーヒーメーカー、アロマグッズ、ガジェット、便利グッズなど、クラウドファンディングで支持された商品を中心に、世界各国から取り寄せて販売しているセレクトショップです。

屋号 ダンディーク
住所 〒020-0015
岩手県盛岡市本町通1-7-1
営業時間 10:00~15:00
定休日:不定休
代表者名 山本けんたろう(ヤマモトケンタロウ)
E-mail info@dandyque.com

コメントは受け付けていません。