世界のコーヒー!トルコ式ターキッシュコーヒーについて

奥が深い!ターキッシュコーヒーの魅力等について解説!

 

「ターキッシュコーヒー」はいわゆるトルコ・コーヒーのことで
ターキッシュは英語での呼び方になります。
トルコ語では「TÜRK KAHVESİ(トゥルク・カフヴェスィ)」と呼ばれており、
ヨーロッパや中東を中心に親しまれているコーヒーです。
日本ではなかなか見かけない独特な淹れ方をするので異国情緒あふれるものになります。
本日はそんなターキッシュコーヒーについてご紹介していきたいと思います。

 

 

 

どんなコーヒー?淹れ方などは?

ターキッシュコーヒーはジェズベ(イブリック)と呼ばれる真鍮製のひしゃくのような容器に
極限なまでにすり潰したコーヒー豆とお水、砂糖を入れて煮立たせ

上澄みだけを飲むトルコ独自の淹れ方になります。
2013年にユネスコの無形文化遺産にトルココーヒーの文化と伝統が登録されました。
国によってトルコ式コーヒーは名称が異なりますが、

エスプレッソと並んで世界でも多く飲まれているコーヒーになっております。

 

 

味の特徴について

 

ターキッシュコーヒーは、コーヒーの粉を煮出して作るので、苦みが強く出て、濃い味がします。
ですので、苦いのが苦手な方は砂糖を多めに加えて淹れると、味に丸みが出て飲みやすくなります。
また、砂糖を多めに入れなくても、甘いお菓子と一緒に飲むのもトルコ流の楽しみ方の一つです。

 

 

 

自宅で本格的なトルココーヒーを淹れてみよう!

 

では、トルココーヒーはどのようにして作るのか、本格的な淹れ方についてご紹介いたします。
本格的に楽しみたい方は、上記でもご紹介したように、銅または真鍮製の長い柄のついた
「ひしゃく型」の「イブリック」(ジャズベ)を使用することをお勧めします。

 

 

1.コーヒーの粉と水を用意してジャズべに入れる
※砂糖を使う際はここで一緒に入れる

 

2.弱火でじっくりよくかき混ぜながら煮立たせる

 

3.沸騰して泡が立ってきたら、一旦火から降ろす

 

4.スプーンなどで軽くかき混ぜて再度火にかける

 

5.数回繰り返して細かい泡を作り出していきます

 

6.細かい泡が立ったら泡のみをスプーンですくってカップに移す

 

7.残ったコーヒーをさらに煮立たせる

 

8.最後に泡が入ったカップに、泡が消えないようゆっくりコーヒーを注いで完成!

 

 

 

 

泡があればあるほどトルココーヒーは美味しいと言われているので
泡はできるだけつぶさないように入れるところがポイントになります。

 

また、注がれたトルココーヒーはすぐに口に含まず、コーヒーの粉が沈殿するのを少し待ち、
上の泡が消えかかってきたら上澄みのみを飲むのが本格的なトルココーヒーの飲み方になります。

 

 

一度試してみる価値あり!本格的なターキッシュコーヒー!

 

独特な作り方で、少々手間がかかってしまう淹れ方になりますが、
一度その本格的な淹れ方でターキッシュコーヒーを味わってみる価値は十分にあると思います!
専用の器具(ジャズべ)も必要となりますがこれさえ準備すればすぐに堪能できます。
興味のある方、ぜひ一度ターキッシュコーヒーを作ってその味わいを楽しんでみてはいかがでしょうか?

関連情報

生活雑貨・セレクトショップ | ダンディーク

生活雑貨・セレクトショップ | ダンディーク

当店ダンディークは、主に30代から40代男性をメインターゲットに、生活がより楽しく快適になるようなスマートウォッチ、ポータブルコーヒーメーカー、アロマグッズ、ガジェット、便利グッズなど、クラウドファンディングで支持された商品を中心に、世界各国から取り寄せて販売しているセレクトショップです。

屋号 ダンディーク
住所 〒020-0015
岩手県盛岡市本町通1-7-1
営業時間 10:00~15:00
定休日:不定休
代表者名 山本けんたろう(ヤマモトケンタロウ)
E-mail info@dandyque.com

コメントは受け付けていません。