改めて確認!洗濯表示の正しい見方について解説!

洗濯表示に関して間違った解釈はしていませんか?

 

 

衣類の洗濯表示は2016年12月に一度新しいものに変わりました。
マークの数が22種類から新たに増えて41種類になり、デザインが変更になったものもあります。
種類が増えて余計にややこしくなり、中にはマークに関して

間違った解釈をしてしまう方もいるのではないかと思います。
ここでは、大事な服を台無しにしないために

洗濯表示の正しい意味について理解しておきましょう!

 

 

勘違いしてしまいがちな洗濯マークはコレ!

 

 

新しく変わったことで勘違いしやすいのが、洗濯(水洗い)表示です

旧式では四角いマークが家庭洗濯のマークでしたが
新しくなった今は桶のマークになりました。

※中の数字は液温の上限を指す

 

ここで勘違いしやすいのが、手洗いのマークです。
以前は、桶の形をしたマークは「手洗い」のみの場合に使われていましたが、
新しくなった今は手洗い&洗濯機ともに同じ桶のマークに統一されました。
では、手洗いマークはどのように変わったのかといいますと
下の画像のように、桶のマークに手がある洗濯表示になります。

 

 

こちらのマークは洗濯機ではなく、手洗いすべき衣類に表示されるマークですので
他の衣類と混雑して洗濯しないように覚えておきましょう。

さらに、こちらのマークのように

桶にバツ印の表示がある場合は家庭での洗濯はできないので、注意してください。

 

 

 

基本の5つの記号を覚えておきましょう!

 

新・洗濯表示は5つの記号をベースにできていますので
基本的にこの5つを覚えておくだけで安心でしょう。

 

  

 

1.桶…家庭での洗濯方法
2.四角…乾燥方法
3.円…クリーニングの種類
4.三角マーク…漂白方法
5.アイロンマーク…アイロンのかけ方

 

また、乾燥マークは以前も紹介した「タンブル乾燥」新たに加わりました。

 

 

 

自然乾燥も、以前は衣服の記号で表現していましたが

現在はタンブル乾燥と同様、四角の記号をつかって表示されるようになりました。

※以前の乾燥マーク

 

 

 

旧式マークと新マーク混雑しないよう正しく理解しておきましょう!

 

2016年に新しいマークに変わって、すでに何年も経っていますが
当然、2016年以前の服をお持ちであれば、洗濯表示も古いものになっています。
こちらのマークに慣れ親しんでいると、今の洗濯表示と混同してしまいがちですので
今一度、洗濯表示の意味を確認して、安心・安全にお洗濯をしていきましょう!

関連情報

生活雑貨・セレクトショップ | ダンディーク

生活雑貨・セレクトショップ | ダンディーク

当店ダンディークは、主に30代から40代男性をメインターゲットに、生活がより楽しく快適になるようなスマートウォッチ、ポータブルコーヒーメーカー、アロマグッズ、ガジェット、便利グッズなど、クラウドファンディングで支持された商品を中心に、世界各国から取り寄せて販売しているセレクトショップです。

屋号 ダンディーク
住所 〒020-0015
岩手県盛岡市本町通1-7-1
営業時間 10:00~15:00
定休日:不定休
代表者名 山本けんたろう(ヤマモトケンタロウ)
E-mail info@dandyque.com

コメントは受け付けていません。