マクアケで販売していたドライヤーボールを6年目のドラム式で使ってみた!

ウールドライヤーボールのレビュー第2段!

本日も、ドライヤボールの使い心地に関するレビューを頂きましたのでご紹介いたします!

 

 

 レビュアー kapukoさん

 「30代主婦の日常&挑戦 in 北海道」

 ブログ https://ameblo.jp/jun2615

 Instagram  https://www.instagram.com/kapuko00/

 

 

「SmartSheepドライヤーボール」とは?

こんにちは!

30歳女、主婦歴7年のkapukoと申します!

 

今回はクラウドファンディングサイトのマクアケで販売されていた「SmartSheepドライヤーボール」を使ってみたのでご紹介します。

 

 

まずは「SmartSheepドライヤーボール」ってなあに?という方の為に簡単に説明します。このボールの一番の特徴は、乾燥機の乾燥にかかる時間が20%削減される効果があるということです。

 

しかも、ニュージーランド産ウール100%で作られていて、柔軟剤を入れなくても洗濯物を自然と柔らかくしてくれる効果があるらしいです。

 

   

 

このボール一個の大きさは直径7cm程度です。重さは50gくらい。これを洗濯物の量に合わせて入れる個数を調整しながら使います。

 

 

柔軟剤なしでも柔らかくなる!?

最近、柔軟剤の匂いによるスメルハラスメントなんて言葉もある位ですが…柔軟剤不要のこのボールならそんな心配もいらないってことですね。

 

一時期、気分を変えてみようと思って普段と違う柔軟剤を選んで仕事で着るニットを洗ったら、仕事中に首周りと背中が痒くなってしまって。いつも使っている柔軟剤でも汗をかいた後は痒くなる時もあります。柔軟剤の中に含まれる化学物質のせいだと思うのですが…

 

その時に私は、柔軟剤って体にそんなに良いものでは無いんだなと思いました。そういった悩みもボールが柔軟剤の代わりになるなら解決してくれるかなと思います。

 

 

また、我が家は毎日必ずバスタオル2枚〜3枚、ニットなどがあればそれも乾燥機を使用します。一回の量は多くないのですが、毎日使うので時短という部分に非常に興味があります。

 

 

ちなみに我が家で使用しているのは、Panasonicのドラム式洗濯乾燥機「NA-VX7300L」。

 

 

こちらはもともと柔軟剤を沢山使わずとも、ある程度はシワになりにくい乾燥機能に定評のある機種です。

 

ただもう6年間、しかも毎日のように使っているからか、最近では特に「何時間で乾燥が終わります」という時間通りに乾燥が終わったことが無いんですよね。毎回必ず乾燥がそろそろ終わるという時に「見直し中」の表示になってそこからさらにまた時間がかかります。

 

なので、このボールを使うことで「見直し中」(個人的にこれは時間内に乾ききらなかった場合に表示にされているのではないかと推測しています)の時間が減るのではないかと期待しています。

 

 

使い方はとてもシンプル!一緒にボールを入れるだけ

この簡単さもボールの魅力のひとつかなと思います。

 

まずはボールを入れずいつもと同じように、タオル2枚を洗濯から乾燥まで行った場合、どのくらいの時間がかかるのか比較の為に検証してみます。

ちなみに洗剤は入れますが、柔軟剤は入れません。結果、かかった時間は4時間1分。これが我が家の普段の洗濯〜乾燥までにかかる時間です。

 

 

次にボールを3個入れて、同じように洗濯から乾燥までどのくらいの時間がかかるのか検証してみます。

 

 

 

 

バスタオル2枚をドラムに入れた後、上にボールを3個置いてからスイッチオン!

 

洗濯中も乾燥中も、ドラムの中でボールが踊るようにゴロンゴロンと転がっていて、飽きずにずっと見ちゃっていました。

 

 

子供とかもこういうの好きそうだなーと思います。ピーっと終わりの合図がなったら取り出します。タオルはもちろん、ボールもしっかり乾燥がかけられていてホッカホカ。

 

 

 

ホントに入れるだけで時短になるの?

結果、かかった時間は3時間58分。

 

あれ? 3分しか短縮されてない!と、最初はがっかりしたのですが、色々と試してみると、どうやら3分しか短縮されなかった原因は、洗濯機上部に付いている乾燥フィルターを目詰まりした状態で洗濯乾燥機を使っていたからみたいです

 

 

フィルターを洗剤と歯ブラシでゴシゴシ綺麗に洗って乾かしてから、再度、ボール3個にバスタオル2枚で挑戦してみたところ、洗濯〜乾燥までにかかる時間が3時50分(11分)まで短縮されました!

 

 

これに加えて、洗濯機の機能の中にある洗濯槽洗浄モードを一晩回し、排水フィルターも清掃し、洗濯物を入れる時は洗濯物の下にボールを入れて…

ボールの数も3個から6個に増やして投入しました。一通り、我が家でも出来そうなインターネットなどでこうすると良いよ!と書かれていたことを実践してみたつもりです。

 

 

1回25分の時短に!

結果、最終的に洗濯〜乾燥までにかかった時間は3時間36分。

 

普段の時間と比較して25分の時間短縮に成功しました。同じ商品を使って1時間短縮されました!という方もいるようなので、機種の古い新しいやメーカーなどによっても差が出てくるのかなと思います。

 

特に、年数使っている洗濯乾燥機だとかなり汚れも溜まっていると思うので、この機会にフィルター清掃や洗濯槽洗浄は非常にオススメです。

 

私の場合、それらの方々と比べると劇的に乾燥時間が短縮されたという訳ではありませんでしたが、毎日行うことを考えると…この違いは結構大きいですね。だって、毎日洗濯乾燥を使ったとしたら、365日×25分ですよ?年間で152時間の時間短縮になると考えたらかなり差がありますよね。

 

 

洗濯後の触り心地は?

また、洗濯物を触った感触も、ボールを入れていない状態ではタオルのループが潰れて固いゴワついた触り心地だったのですが、ボールを入れて乾燥させたものはタオル表面のループが立っていてモフッとした滑らかな触り心地になっているから驚きです。

 

 

ちなみに、写真の右が普段の洗濯乾燥したもの(柔軟剤無し)で左がボールを入れて洗濯乾燥したもの。

 

畳んだ状態で並べてみると、左の方がふっくらしていて背が高く、タオル全体に空気を通したような柔らかさで気持ち良いです。また、柔軟剤無しだと臭くなったりしないかな?と心配していましたが、生乾きっぽい香りなんかも無く、どちらかと言えばお日様の香りっぽい感じ(ほぼ無臭ですが)で満足です。

 

 

我が家では洗濯物と一緒にボールを取り出した後、洗濯乾燥機の上にかごを置いてボールを保管しています。友人が泊まりに来た時などに洗濯機周りを見られることもあるのですが、このボールはデザインがシンプルでお洒落なので、見られても全然気にならないです。

 

 

もちろん乾燥機の中で保管でも大丈夫です!

 

 

一通り使用してみた感想は?

まとめると、機種が古い(使っている年数が長い)と洗濯乾燥機に蓄積された汚れなどのせいで比較的効果が出にくいかも知れませんが、それでも時短と柔軟効果を感じることが出来ました!

 

数十万円とかする商品だと割りに合わないと感じますが、マクアケの「SmartSheepドライヤーボール」は6個3000円ちょっとなので、時短の為に挑戦してみるなら割安だと思います。

 

 

 

ドライヤーボールはどこで売っているの?

ちなみに現在はこちらで購入できるみたいですね→オンラインショップ

 

また、2月末頃からAmazonでも販売開始になるみたいです。洗濯乾燥機を使う機会が多い方には是非、試してみて欲しい商品ですね!

 

 

 

以上、モニターさんのレビューのご紹介でした

乾燥機の機種や新旧で差がでることがあるようですので別の記事もご覧ください。

時短にも節約にも!マクアケで話題の天然の柔軟剤「ドライヤーボール」を使ってみた

 

マクアケの「ドライヤーボール」を縦型洗濯機で 使ってみた!

 

他のドライヤーボールとSmartSheepはこんなに違うと思わなかったとレビューを頂きました

関連情報

コメントは受け付けていません。