寒い季節の必需品!洗濯機でマフラーを洗う方法!

愛用マフラーをふんわり清潔にお手入れしませんか?

 

 

寒い時期に身に着けるマフラーなどはそう毎日洗濯するものではありません。
だからこそ使っているうちにだんだんとニオイや黒ずんだ汚れなどが気になってきませんか?
家で洗濯するとなると、痛んでしまわないか少々抵抗感があるかと思います。
ですが、正しく洗濯すればお家の洗濯機でもお手入れすることは可能です!
本日は、そんなマフラーをきれいにする洗濯方法についてご紹介いたします。

 

マフラーを洗う前に確認すべきこと

 

・洗濯表示の確認
・洗濯機の設定コースの確認
・色落ちものでないかの確認

 

 

洗濯表示の確認は言わずとも必要なものですので必ず行うように!
水洗い不可のマークがついているものは無理に洗おうとせずクリーニングに出すようにしましょう。

 

また、とくに目立つ汚れがついていた場合は、おしゃれ着用洗剤の原液
汚れ部分に少量付けて、指で軽く押さえて馴染ませると良いでしょう。

 

 

 

洗濯手順

 

1.洗濯ネットに入れる

 

 

ネットに入れる際は、お使いの洗濯ネットのサイズに合わせてマフラーを畳みましょう
フリンジがついているマフラーは洗う際にばらばらになるのを避けるため、内側に畳みます。

 

 

2.おしゃれ着用洗剤と柔軟剤をセット

 

 

3.弱い水流コースで洗濯開始
「手洗いコース」「ドライコース」などの弱い水流モードで洗うようにしましょう

 

 

4.洗濯後は速やかに干す

洗濯機から取り出したら、手のひらで軽くたたいて形を整えつつシワを取り除きます。

干すときのポイントとして、早く乾かすために
物干しざおを2本使ってM字になるように寝かせて
風通しの良い場所で干すようにしましょう。

 

また、ニットは伸びやすいので平干しネットで干すとさらに安心です。
紫外線を避け、日陰に干すのも重要ポイントです。

 

 

5.乾いたら最後の仕上げをする

 

 

乾いた後のシワがまだ残って気になるのであれば、アイロンがけをしましょう。
アイロンは、必ず当て布をし、スチームを利用して軽くかけます。
フリンジは衣類用のブラシなどでやさしくブラッシングするとまっすぐ整います。

 

 

 

正しく洗濯してお家でも清潔なマフラーを実現!

 

 

 

洗濯可能なマフラーでも、縮むイメージが払拭できなくて抵抗感があるかと思いますが
正しいやり方で洗えば自宅でも簡単に洗濯はできます!
毎日洗う必要はありませんが、汚れが気になったときなど
最低1シーズン1回ほど洗うことをおすすめします!

関連情報

生活雑貨・セレクトショップ | ダンディーク

生活雑貨・セレクトショップ | ダンディーク

当店ダンディークは、主に30代から40代男性をメインターゲットに、生活がより楽しく快適になるようなスマートウォッチ、ポータブルコーヒーメーカー、アロマグッズ、ガジェット、便利グッズなど、クラウドファンディングで支持された商品を中心に、世界各国から取り寄せて販売しているセレクトショップです。

屋号 ダンディーク
住所 〒020-0015
岩手県盛岡市本町通1-7-1
営業時間 10:00~15:00
定休日:不定休
代表者名 山本けんたろう(ヤマモトケンタロウ)
E-mail info@dandyque.com

コメントは受け付けていません。