健康志向のオーガニックコーヒー!普通とどう違うのか?

美容にも健康にもよしとされるオーガニックコーヒー

コーヒーに限らず、近年オーガニックという名の付いた食品やモノなどが数多くあります。
ほとんどの方が耳にしたことがあり、オーガニックと聞くだけで
とりあえず高品質でいいものであると思ってはいませんか?

 

そもそもオーガニックってどういった意味を持っているのか?
本日は、オーガニックについて基本を簡単に解説するとともに
オーガニックコーヒーについてもご紹介していきます。

 

 

オーガニックの意味と定義

 

 

『Oranic(オーガニック)』は「源」「有機」という意味を持っていて

 

化学肥料や農薬、化学物質などに頼らず自然本来の持つ力を活かして
環境にかかる負荷を最小限に抑える農法」といったことを指します。

 

自然の恵みを存分に活かした加工方法になりますので
地球はもちろん人間や動物の健やかな生活を守ってくれます。

化粧品や食材で「オーガニック」を名乗るには第三者機関からの厳しい基準に通ったものだけが
その名をつけることが許され、勝手に名乗ることはできません。
また、農林水産省はどの食品を「有機」や「オーガニック」と呼んでいいかを検査、認証する制度を設けています

 

・化学合成農薬や化学肥料に頼らない
・有機肥料などで栽培する
・3年間農薬や化学肥料を使っていない土地を使用
・遺伝子組み換え原材料は使用しない
・合成添加物の使用制限

 

などの基準が存在します。

 

オーガニックコーヒーはどんなコーヒー?

 

 

上記で説明した通り、オーガニックは有機栽培という意味合いを持つので
オーガニックコーヒーは有機栽培で生産され、厳しい条件を満たした貴重なコーヒーということになります。
日本で売られているコーヒー豆のほとんどが海外輸入のもので
オーガニックコーヒーの場合はOCIA(国際的認証機関)USDA(オーガニック認定全米統一基準)

などの機関のほか、多くの認定機関が各国に設立され、きびしい品質を満たす必要があり
これらに合格したものがオーガニックコーヒーとして証明ラベルをつけることが可能となります。

そんなオーガニックコーヒーですが、普通のコーヒーとどう違うのか?

 

 

味や風味
普通のコーヒーも多種多様なものがあるようにオーガニックも様々な種類がありますので
味や風味に関しては一概にこうである!と決めることは難しいです。
しかし、苦み成分が通常と比べて多いものの、余計なものを加えていないコーヒーであるため

後味がすっきりしているものが多くブラックコーヒーが苦手な方でも飲みやすいという点が魅力です。

 

 

栄養価
栄養価に関しては、実は通常のコーヒーとあまり大差はありません。
しかし、苦味成分でもあるコーヒーポリフェノール(クロロゲン酸)の含有量が

普通のコーヒーより多いと言われています。

 

たまには気分をかえてオーガニックなコーヒーを!

 

 

オーガニックコーヒーの一番の特徴は環境にやさしい点ではありますが、
自然由来のナチュラルなコーヒーを味わいたいのであれば
オーガニックコーヒーが一番だと思います。
少しでも健康なものを取り入れたいとなったらぜひ

オーガニックコーヒーを選択肢にいれてみてはいかがでしょうか?

 

そんなコーヒーをいつでもどこでも楽しみたい方は
Makuakeにて販売開始したSoloCanoコーヒーメーカーもぜひ一度ご覧になってみてください!

 

関連情報

生活雑貨・セレクトショップ | ダンディーク

生活雑貨・セレクトショップ | ダンディーク

当店ダンディークは、主に30代から40代男性をメインターゲットに、生活がより楽しく快適になるようなスマートウォッチ、ポータブルコーヒーメーカー、アロマグッズ、ガジェット、便利グッズなど、クラウドファンディングで支持された商品を中心に、世界各国から取り寄せて販売しているセレクトショップです。

屋号 ダンディーク
住所 〒020-0015
岩手県盛岡市本町通1-7-1
営業時間 10:00~15:00
定休日:不定休
代表者名 山本けんたろう(ヤマモトケンタロウ)
E-mail info@dandyque.com

コメントは受け付けていません。