知っているようで知らない「カフェラテ」と「カフェオレ」の違いとは?

カフェオレとカフェラテは似ているようで実は違いが!

 

 

皆さんは『カフェオレ』と『カフェラテ』の違いについて考えたことはありますか?
どちらもミルクを入れているから結局同じものじゃないか!と思われる方が多いかもしれせん。
けれど、この2つにも決定的な違いがちゃんとあるんです!
本日は、カフェラテとカフェオレの違いについて、それぞれの特徴とともにご紹介いたします。

 

 

カフェオレとは?

 

 

ドリップコーヒー(ドリッパーとペーパーフィルターを使用し、熱湯で入れたいわゆる普通のコーヒー)

にミルクを加えたものがカフェオレになります。
その語源はフランス語の「café au lait(カフェ・オ・レ)」で、
「カフェ」=「コーヒー」、「レ」=「ミルク」を指します。

 

 

 

カフェラテとは?

 

 

エスプレッソにミルクを加えたものがカフェラテになります。
その語源はイタリア語をもとにする造語の「Caffè Latte(カフェ・ラッテ)」です。
「カフェ」=「コーヒー」、「ラッテ」=「ミルク」を指します。

 

 

 

それぞれのミルクの量はどれくらい?

 

 

ミルクを入れる点ではどちらも共通していますが、その量が異なります。

比率で解説しますと一般的に

「カフェオレ」はコーヒーとミルクの割合が1:1
「カフェラテ」はエスプレッソとミルクの割合が1:4となっており、
カフェラテの方がミルクの量が多めになりますね。

また、入れるミルクの温め方にも違いがあり、
火にかけて温めたミルクを加えるのがカフェオレで
カフェラテは、エスプレッソマシーンからでる蒸気によって温めたスチームミルクを使うそうです。

 

実はカップの大きさにも違いが?

 

 

一昔前のフランス家庭では、大きなボウルにたっぷり入れたカフェオレに
パンなどを浸して食べる習慣がありました。今となっては昔よりボウルの大きさは小さくなりましたが
現在でも基本的にカフェオレは大きめのカップで提供されます。

それに対してカフェラテは、素がエスプレッソになりますので、量が少なめです。
そこにミルクを加えたとしても全体の量はさほど多くはなりませんので

カフェオレと比べたら小さめのカップで提供される傾向があります。

 

二つの違いを知って改めてその味わいを楽しもう!

 

 

実際淹れてみて、見た目こそ似てはいるものの、2つにはちゃんとした違いがあることを今回はご紹介いたしました。
あっさりした味わいを堪能したい方は「カフェオレ」を
苦いけれどコクのある味わいを堪能したい方は「カフェラテ」を選ぶと良いでしょう!
違いを理解したうえで、よりいっそう充実したカフェタイムをお過ごしください!

関連情報

生活雑貨・セレクトショップ | ダンディーク

生活雑貨・セレクトショップ | ダンディーク

当店ダンディークは、主に30代から40代男性をメインターゲットに、生活がより楽しく快適になるようなスマートウォッチ、ポータブルコーヒーメーカー、アロマグッズ、ガジェット、便利グッズなど、クラウドファンディングで支持された商品を中心に、世界各国から取り寄せて販売しているセレクトショップです。

屋号 ダンディーク
住所 〒020-0015
岩手県盛岡市本町通1-7-1
営業時間 10:00~15:00
定休日:不定休
代表者名 山本けんたろう(ヤマモトケンタロウ)
E-mail info@dandyque.com

コメントは受け付けていません。