お肉ではない!ウインナーコーヒーとはどんな飲み物?

コーヒーなのにウインナー?その正体とは…?

 

喫茶店などのメニュー表で一度は目にしたことがありませんか?
ウインナーと聞いたらソーセージを想像してしまうかと思います。
コーヒーの中にソーセージが入ってるなんてあまり想像したくないですが
もちろん、ソーセージのことではありません。
今回はそんなウインナーコーヒーについて解説していきます。

 

 

実際どんなコーヒーなのか

 

ウインナーコーヒーとは、ふわっと泡立てた生クリームを
コーヒーの上にトッピングしたもののことです。(砂糖を入れることも!)
甘すぎにならないよう、淹れるコーヒーは濃い目で抽出したものを使います。
日本でのウインナーコーヒーはこれが一般的ですが
世界によってはエスプレッソで作ったりと、飲み方は様々です。
共通しているのが『クリームとコーヒー』といったところですね。

 

 

 

なぜ『ウインナー』という名前なのか?

 

名前の由来ですが、ウインナーはお肉でできたウインナーのことではなく
『ウィーン風の』という意味になります。
ウィーンといえばオーストリアの首都ですので

このコーヒーの発祥地はオーストリアということになります

とは言っても、実はオーストリアにはウインナーコーヒーという名前のメニューはありません。
あくまでも日本でのみ使われている呼び方になります。
オーストリアではアインシュペナーという名前のものが

一番ウインナーコーヒーに最も近い飲み物といわれています

 

 

美味しいウインナーコーヒーの作り方!

 

どんなコーヒーか理解出来たら、実際に作って飲んでみましょう!

 

1.生クリームをふんわり泡立てる
2.コーヒーを抽出
3.ティーカップなどに砂糖を入れ、コーヒーを注ぐ
4.泡立てた生クリームを上にトッピング
5.完成です!

 

 

ちょっとした注意点として、
植物性脂肪を原料としたホイップクリームを使うのはお勧めしません。
コーヒーの上に乗せた時分離してしまいます。
生クリームを泡立てる作業が少し手間がかかりますが
本格的な甘みとコクを楽しみたいなら生クリームを使うのが一番いいです。

また、砂糖もザラメを使用したほうがコーヒーに溶けにくいので
よりおいしいウインナーコーヒーができます。

 

 

コーヒーメーカーを使って美味しく淹れよう!

 

ブラックが少し苦手な方にウインナーコーヒーは
自然な甘さを感じられるのでお勧めの飲み方です。
混ぜて飲んでも良し、スプーンですくいながら飲むのも良し。
そんなウインナーコーヒーを一度飲んでみてはいかがでしょうか?

関連情報

生活雑貨・セレクトショップ | ダンディーク

生活雑貨・セレクトショップ | ダンディーク

当店ダンディークは、主に30代から40代男性をメインターゲットに、生活がより楽しく快適になるようなスマートウォッチ、ポータブルコーヒーメーカー、アロマグッズ、ガジェット、便利グッズなど、クラウドファンディングで支持された商品を中心に、世界各国から取り寄せて販売しているセレクトショップです。

屋号 ダンディーク
住所 〒020-0015
岩手県盛岡市本町通1-7-1
営業時間 10:00~15:00
定休日:不定休
代表者名 山本けんたろう(ヤマモトケンタロウ)
E-mail info@dandyque.com

コメントは受け付けていません。