洗濯洗剤は粉?液体?うまく使い分けるコツとは?

液体洗剤・粉洗剤それぞれどう違うのか

一昔前は粉洗剤が一般的に使われていましたが現在は液体が大半を占め
お店でも液体系のものが多く陳列されていますね。
粉より液体の方が優れているから粉はあまり使われなくなったのか?と思いがちですが
必ずしもそのようなわけではありません。
今日はそんな洗濯洗剤、液体と粉をうまく使い分けるコツについてお伝えいたします。

 

 

粉と液体それぞれの特徴とメリット・デメリットは?

 

粉洗剤

 

 

 

 

昔から使われている粉洗剤は合成洗剤が主流。
一番の特徴は、液体より洗浄力が高いところです。
皮脂や汗などの酸性の汚れに強く反応し、汚れを落としてくれます。
汚れが目立ちやすい白物の衣類などなんかに効果が期待されますね。
さらに、値段が安い割にコスパも良いので家計にも優しいです。

 

しかし、デメリットとして粉洗剤は水に溶けにくいという難点があります。
その影響で洗濯物に洗剤が残り、人によっては肌荒れしてしまう場合もあります。
ですので、しっかりとすすぎを行う必要があります。
すすぎの際にお湯を使うとより安心かと思います。

 

 

 

液体洗剤

 

 

 

 

液体洗剤は「中性」「弱アルカリ性」の2種類があり、
この2つの使い分けとして、デリケートな衣類は中性の洗剤、
いわゆる「おしゃれ着洗剤」に向いており、弱アルカリ性は日常的な汚れを落とすのに最適です。
粉とは違って水に溶けやすく、すすぎも1回で済むので節水と時短が期待されます!
衣類の汚れをおだやかに落としてくれるので、洗える素材の幅が広く、様々な衣類に対応できます。

 

粉洗剤ほど洗浄力が高くないところが難点です。
価格も粉と比べてややお高めのものが多く、詰め替え作業も少し手間がかかってしまいます。

 

 

 

2つをうまく使い分けてみよう!

 

粉一筋!液体一筋でも全く問題ありませんが
2つをうまく使い分けることでより洗濯の質をあげることができます!
分類の一例を簡単にご紹介いたします

 

粉洗剤はこんな時に活用!

・白物の衣類が多い時
・夏場などで汗をかきやすい時期
・とくに汚れをしっかり落としたい時
・節約したい時

 

 

液体洗剤はこんな時に活用!
・柄物や色物の衣類が多い時
・デリケートでダメージを受けやすい衣服を洗う時
・汗などあまりかかない涼しい時期(秋冬)
・落ちやすく簡単な汚れの時

 

 

上手く使い分けて洗濯上手になろう!

 

粉洗剤のデメリットを液体洗剤でカバー
液体洗剤のデメリットを粉洗剤でカバーと、
それぞれの特徴をうまく活用して、ワンランクアップした洗濯をしてみませんか?
これで毎日清潔な衣類で気持ちよく生活しましょう!

また、そんな洗濯のお供として
便利グッズ、『SmartSheepウールドライヤーボール』がもうすぐ販売開始しますので
興味がある方はぜひ一度ご覧になってみてください!

 

関連情報

生活雑貨・セレクトショップ | ダンディーク

生活雑貨・セレクトショップ | ダンディーク

当店ダンディークは、主に30代から40代男性をメインターゲットに、生活がより楽しく快適になるようなスマートウォッチ、ポータブルコーヒーメーカー、アロマグッズ、ガジェット、便利グッズなど、クラウドファンディングで支持された商品を中心に、世界各国から取り寄せて販売しているセレクトショップです。

屋号 ダンディーク
住所 〒020-0015
岩手県盛岡市本町通1-7-1
営業時間 10:00~15:00
定休日:不定休
代表者名 山本けんたろう(ヤマモトケンタロウ)
E-mail info@dandyque.com

コメントは受け付けていません。