洗濯洗剤に使用期限はあるの?古くなった洗剤の使い道について

洗剤の使用期限について考えたことはありますか?

 

洗濯洗剤は薬機法の規定に基づいて、使用期限が書かれていないことが多いです。
(薬事法とも呼ばれていましたが平成25年に改正され薬機法と名称が変更されました)
薬機法では「適切な保存状態のもとで3年を超えて性状および品質が安定なものは使用期限を書かなくて良い」

と定められています。
このようなことから、多くの洗剤は製造から3年以上たっても製品上は特に問題がないので
パッケージには書かれていないのです。

 

しかし、いくら使用期限が書かれていないからと言って、
肌に直接触れる衣類などにつかう洗剤であるため、あまりにも古いものを使うには少し抵抗があると思います。
開封後はなるべく早く使うようにし、目安として1年以内に使い切るようにすることをお勧めします。

 

 

古くなった洗剤の使い道について

 

古くなってしまった洗剤をすぐに捨ててしまうのは少々勿体ないなと感じる方もいると思います。
大量に残っていた場合はなおさらそう感じるのではないでしょうか?
実は、意外な場面で活用することができます!

 

お風呂やトイレでの掃除に活用

 

 

液体洗剤が古くなった場合は、お風呂やトイレの掃除などに活用ができます!
使い方としては、原液をそのまま使うのでも特に問題はありませんが、
別の容器(スプレー容器等)などに移し替えて、適度な薄さで使用することをお勧めします。

 

 

 

 

芳香剤として活用

 

 

粉石けん等が古くなってしまった場合は芳香剤として活用しましょう!
使い方は簡単で、お茶パックや使わなくなったストッキングなどに粉石けんを入れるだけです。
その際に、重曹と一緒に混ぜると、湿気とりの効果もプラスできるのでおすすめです。

また、液体の柔軟剤は、少し薄めてスプレー容器などに移し替えて
カーテンやマットなどに吹きかけて芳香剤に活用することができます。

 

 

 

 

やむおえず捨てる場合の捨て方について

 

捨てる場合は、基本的には各自治のごみの捨て方に基づいて捨てるようにしましょう。

 

・液体洗剤…ビニール袋に新聞紙を入れ、中身を吸わせて可燃ごみへ
・粉or固形…こちらの二つに関しては、紙素材でできていればそのまま可燃ごみとして捨てる

 

 

排水溝にそのまますてても問題はありませんが、万が一原液がほかの性質の液体と混ざると
有毒ガスが発生してしまう場合もありますので、念のため注意しておくようにしましょう。

 

 

結論!使用期限はないがなるべく早めに使い切ろう!

 

 

使用期限の記載がない場合は、管理方法を正しくしていれば
3年以上は余裕で使うことができます。
しかし、神経質な方にとってはやはりなるべく早めに使い切ることをお勧めします。
肌に直接触れるものに対して使う洗剤ですので
開封後はきちんとした保管で状態を良く保てるように心がけていきましょう!

関連情報

生活雑貨・セレクトショップ | ダンディーク

生活雑貨・セレクトショップ | ダンディーク

当店ダンディークは、主に30代から40代男性をメインターゲットに、生活がより楽しく快適になるようなスマートウォッチ、ポータブルコーヒーメーカー、アロマグッズ、ガジェット、便利グッズなど、クラウドファンディングで支持された商品を中心に、世界各国から取り寄せて販売しているセレクトショップです。

屋号 ダンディーク
住所 〒020-0015
岩手県盛岡市本町通1-7-1
営業時間 10:00~15:00
定休日:不定休
代表者名 山本けんたろう(ヤマモトケンタロウ)
E-mail info@dandyque.com

コメントは受け付けていません。