ロードバイク初心者におすすめの服装は?おしゃれなコーデを紹介

ロードバイク

 

ロードバイク初心者にふさわしい服装とは?

 

この記事を読むための時間:3分

 

ロードバイクを始めるなら服装も準備しなくてはいけませんね。本格的にロードバイクをするときには動きやすい競技用のウェアを用意する必要があります。のんびりと町乗りがしたいならカジュアルなウェアでもOK。今回は、ロードバイク初心者におすすめの服装を紹介します。

 

ロードバイクの基本的な服装

ロードバイクの基本的な服装はどんな服装なのでしょうか?

 

基本的にはレーシングウェア

ロードバイクとはロードレース用の自転車のため、基本的にはレーシングウェアを着用します。街で良く見かける全身にピタッと密着したウェアの事ですね。風の抵抗を最小限にとどめるため、ピッタリとした作りで、見た目はかなりスポーティです。

 

機能性が充実

ロードバイクのウェアには、機能性が充実しているものがたくさんあります。夏用は汗がすぐ乾いたり熱がこもらないように、通気性の良い速乾性の素材のウェアや、冬用では、薄い見た目にもかかわらず、断熱性の高い素材で風のブロックしてくれるウェアなど、様々です。また、背中には補給食や水分などを入れるポケットが付いているものも。ロードレース用に作られたウェアならではの機能がたくさんついています。

 

ロードバイク初心者におすすめの服装

ロードバイクを乗る目的は人それぞれですよね。遠くまで走りたい、スピードを出して走りたい、のんびりと散歩のように走りたい、カフェ巡りしたい、などなど。目的によってウェアを変えることも重要です。それではさっそくロードバイク初心者におすすめの服装を紹介します。

 

 街乗りならカジュアルでもOK

上記ではロードバイクの基本を紹介しましたが、がっつりレースウェアでカフェに立ち寄るには抵抗がありますよね。ぶらっと緩い感じで街乗りがしたいなら、カジュアルウェアでOKです。トップスはTシャツなどでボトムはハーフパンツなど。普段のカジュアルファッションで問題ありません。逆にお店やカフェに入るならその方が抵抗無く入れますよね。手持ちのアイテムで間に合うから経済的にも嬉しいです。

 

レーシングウェアでもおしゃれができる

ガチガチのレーシングウェアは抵抗あるかもしれませんが、本格的なレーシングウェアでも楽しくコーディネートできるのですよ。レーシングウェアといっても、ジョギングウェアとデザインが似ているので馴染みのあるアイテムを選ぶとグッと着やすくなりますよ。デザインも無難な無地からおしゃれな柄物まで様々です。おしゃれな組み合わせを考えながらコーディネートするのも楽しいですよ。

 

専用インナーで負担軽減

実はロードバイクなどロードレースを目的とした専用ウエアには、専用のインナーまであるのです。普通の自転車にはサドルにクッションが入っていて、あまりお尻が痛くなりませんが、ロードバイクのサドルは固いので、長時間走っているとお尻がどんどん痛くなってしまうのです。 そのため、お尻の痛みを軽減するためインナーの股の部分にパッドが入っているのです。このパットがクッション代わりとなり長時間のってもお尻が痛くなりません!

 

ロードバイク初心者は目的に合わせて服装選びをしよう

いかがでしたか?ロードバイク初心者だとどの服装を選べば良いか分りません。そんなときには目的に合わせて選ぶようにしましょう。おしゃれなコーディネートでロードバイクをより楽しめたら素敵ですね!

生活雑貨・セレクトショップ | ダンディーク

生活雑貨・セレクトショップ | ダンディーク

当店ダンディークは、主に30代から40代男性をメインターゲットに、生活がより楽しく快適になるようなスマートウォッチ、ポータブルコーヒーメーカー、アロマグッズ、ガジェット、便利グッズなど、クラウドファンディングで支持された商品を中心に、世界各国から取り寄せて販売しているセレクトショップです。

屋号 ダンディーク
住所 〒020-0015
岩手県盛岡市本町通1-7-1
営業時間 10:00~15:00
定休日:不定休
代表者名 山本けんたろう(ヤマモトケンタロウ)
E-mail info@dandyque.com

コメントは受け付けていません。