Kickstarterとは~海外クラウドファンディング

アメリカのクラウドファンディング

 

前回ご紹介したサイトINDIEGOGOのほか
アメリカでのクラウドファンディングでもう一つ有名なのが
『Kickstarter』です。
11月最初の記事は、Kickstarterについてご紹介いたします。

 

 

日本語版もオープン!

INDIEGOGOと並んでアメリカの「2大クラウドファンディングサイト」
と呼ばれるくらいKickstarterも巨大な規模を持っています。
さらに、2017年から日本語版も開始され
日本でのクラウドファンディング市場に乗り込むようになってきました。

 

 

概要と主な特徴

2009年4月28日に
ペリー・チェン ヤンシー・ストリックラー チャールズ・アドラー
の3人によって設立されました。
その一年後には約4000件のプロジェクトが成功したという実績があり
一気に米国内で注目を集めるようになりました。

 

手数料は、アメリカと日本で少し違いがあります。
共通である「成功報酬」5%とは別に
「決済手数料」となるものがあり、こちらに関しては
アメリカが3%~5%、日本は4.5%で一定となっています。

 

類型は「購入型」が主流で、募集方法は
「All or Nothing」のみで一貫しています。
他のクラウドファンディングは別の方法と組み合わせた方法が一般的であるが
Kickstarterはひとつだけというシンプルさが特徴的です。

 

過去に成功したプロジェクト

INDIEGOGOと同様、Kickstarterもなかなか
面白いプロジェクトが数多く存在し、成功しています。

その中でも特に出資総額が多かったプロジェクトを少し紹介します

 

・Pebble Time
スマートウォッチで、ディスプレイにカラー対応の電子ペーパーを使用。
最長で7日間の連続駆動が可能。

 

・COOLEST
見た目はクーラーボックスであるが、その機能はクーラーボックスだけではなく
ミキサー、スピーカー、USB端子、LEDライト、まな板、などなど…
様々な機能が揃っている画期的なクーラーボックスです。

 

・Exploding Kittens
山札から順にカードを引き、爆弾をくわえた子猫のカードを引き当ててしまうと
爆発してGAME OVERというなんともシンプルでコミカルな
駆け引き満載の手軽に遊べるボードゲームです。
最も出資者の数が多かったプロジェクトです。

 

・The Dash
多機能なイヤフォンで、Bluetoothによるワイヤレス接続・4GBのストレージを備えています。
さらに、各種センサー搭載で水泳やワークアウトなどの記録も可能となっています。

・The Veronica Mars Movie Project
モノだけでなく、映像関係でも成功実績があります。
こちらは2004年~2007年までアメリカで放送されていたドラマです。
映画版も無事に公開されています。

 

日本とは一味違ったプロジェクト

海外のクラウドファンディングは
日本とは違った面白いプロジェクトが盛りだくさんです。
見るだけでも楽しめるので、興味があれば一度ご覧になってはいかがでしょうか?

次回の記事で、Kickstarterのメリットデメリットについてご紹介します。

 

生活雑貨・セレクトショップ | ダンディーク

生活雑貨・セレクトショップ | ダンディーク

当店ダンディークは、主に30代から40代男性をメインターゲットに、生活がより楽しく快適になるようなスマートウォッチ、ポータブルコーヒーメーカー、アロマグッズ、ガジェット、便利グッズなど、クラウドファンディングで支持された商品を中心に、世界各国から取り寄せて販売しているセレクトショップです。

屋号 ダンディーク
住所 〒020-0015
岩手県盛岡市本町通1-7-1
営業時間 10:00~15:00
定休日:不定休
代表者名 山本けんたろう(ヤマモトケンタロウ)
E-mail info@dandyque.com

コメントは受け付けていません。